本文へスキップ

タンク・圧力容器・サイロ・プラント機器・球形ホルダー・有水ホルダー・水処理機器・配管等の製作なら当社にお任せください。

株式会社竹森工業

TAKEMORI INDUSTRY CO.,LTD.

ごあいさつCONCEPT

代表取締役メッセージ

 
代表取締役 村中 美香

株式会社竹森工業は、1966年4月、竹森要が東京都江東区に於いて製缶・溶接業を生業に「竹森組」を創業、1969年7月に法人組織に移行して52年目を迎えることができました。これもひとえに終始変わらぬご愛顧を賜りましたお客様、暖かいご指導を賜りましたご担当者の皆様、努力を惜しむことなくご協力頂いた共栄企業の皆様、そして、これまで共に同じ目的意識をもって歩み続けてきた多くの皆様のおかげと心より感謝申し上げます。
 営業展開は、設計(装置のシステム設計は除く)から、製作・現場施工を基本業務にしております。タンク・圧力容器(一圧・二圧)・サイロ・有水式ガスホルダー・熱交換器・濾過器・配管工事・球形ホルダー等の開放検査・耐震補強・改造・補修・解体工事も行っております。
 過去51年間に納めたSUS製品数は、5,281基・種目19,333ton、CS製品数は、13,015基・種目137,131ton、内各種解体工事は7,742ton、総取扱い鋼材量は156,464tonに上がります。また、SUS・CS以外の特殊鋼材(MAT21、チタンクラッド他)の製作物も対応しております。
 竹森工業は、お客様の多様なニーズにお応えするため「誠心誠意」「知恵と技術」「人間尊重」「社会奉仕」という経営理念のもと、高品質で綺麗な製品を提供する“ものづくり”に励んでおります。また、これまでお仕事を頂いたお客様との深い絆を重んじ、創業から蓄積された知識と経験、ノウハウを生かし、技術力のさらなる向上と人材育成に力を入れております。
 
そして、これからも、人ととの出会いを大切に育み、確かな技術を伝承し、日々挑戦する精神で豊かな未来を創造する企業として、持続可能な経済・社会づくりに貢献してまいります。

 2020年12月1日、創業者である竹森要の後任として代表取締役に就任いたしました。
甚だ微力ではございますが、社業発展のために全力を尽くし、また皆様のご期待に添えますよう従業員一同、誠心《まことのこころ》の社是のもと、第二の創業にチャレンジします。
 
 取締役会長 竹森 要 / 代表取締役 村中 美香